ワイヤレススピーカーならホームシアターが楽々

ホームシアターとは映画館のような迫力のある映像と、立体的なサウンドを家庭でも楽しめるシステムのことです。

ホームシアターを体験した人はサウンドの凄さに驚きます。

本当の立体的なサウンドとは、後ろからも音が聞こえるという単純なものではありません。
まるで映像の中に入り込んだかのような臨場感が味わえるのです。

映像の立体化に合わせるようにサウンドも立体化しているのです。

ホームシアターを自宅に導入する場合、既に持っているDVDやテレビを活用するのが簡単です。
アンプなどがセットになった入門者用の製品が販売されていますので、それを設置すれば安価にホームシアターが手に入ります。

しかし本格的な立体サウンドを実現するためには、
DVDプレイヤーやAVアンプや5.1chスピーカーなどを別々に購入して接続する必要があります。

特に5.1chスピーカーは視聴者を取り囲むように設置し、重低音を専門に受け持つサブウーファーも必要です。

立体感を増加させるためには、スピーカーの数を増やしていくことになります。

しかし最近ではテレビの近くに少ない機械を置くだけで、本格的な立体サウンドを実現できる製品も出てきました。

ユニークな製品としては壁反射タイプがあります。
壁反射タイプの特徴は壁面の反射を利用してリアサウンドを実現するシステムです。

それらの登場によって、ホームシアターを自宅で簡単に実現することができるようになってきました。

ホームシアターは安価なものから高価なものまで色々ありますが、
その違いは出力・入出力端子の数・音声フォーマット・サラウンド効果の数・音質などです。

実際に製品を選ぶ時には自宅の部屋の広さを基準にします。
比較的小さな部屋ならば高出力の製品は必要ありませんので、安価な製品でも十分な効果を発揮できます。

従って無理に高価な製品を購入しても性能を発揮できないのです。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ