アメリカンティーンはすごいなぁ

『キックアス・ジャステイスフォーエバー』を見た。

舞台は前作から3年後の設定の世界。

キックアスはヒーロー活動は止めて普通の高校生活を送っていた。

一方、ヒットガールは父親の親友に引き取られ、表面上は普通の女の子になっていたが、密かにヒーローとしてのトレーニングを積んでいた。

そんな中、レッドミストがキックアスへの復讐のためにヴィランとして復活する。

クロエ・モレッツが成長してるー!

前作だと、まだまだあどけない子供だったのに、もうすっかりアメリカンティーン!

ゴツくなっちゃうのは仕方ないのね…

スパッツ履いた脚が太い…

でもヒットガールのカッコいいアクションは今回も健在。

バイクまで乗り回しちゃう。(原付じゃなく大型バイクだったけど、免許、持ってんのかな?)

普通の女の子になろうとして、ダンス部のオーディションを受けたときに戦ってるイメージで動いてるのも、すごくカッコよかった!

前作より評判は悪くて、興行収入もイマイチだったらしいけど、私は十分楽しめた。

でもモヤっとしたのが、キックアスのあの友達は結局お咎めなしなの?

あいつのせいで人1人亡くなってますよね…?

最後の戦いで味方側になって認められたみたいな扱いだったけど、それじゃ許されないだろって思った。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ